CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
PROFILE
RECOMMEND
バタをひとさじ、玉子を3コ
バタをひとさじ、玉子を3コ (JUGEMレビュー »)
石井 好子
食べることは生きるよろこび
目にもおいしい食エッセイ
RECOMMEND
Not in Fashion
Not in Fashion (JUGEMレビュー »)
Mark Borthwick,Aaron Rose
マーク・ボスウィックの写真集
すごく好きな本のひとつ

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS

c h i e a s o b i

c h i e a s o b i
c h i e a s o b i
B L O G
<< 100本のスプーン | main | バースデーお肉 >>
Mommy/マミー
2015-05-09 00-05-59.jpg

5月の映画の日に
すごいものを観てしまった

グザヴィエ・ドラン監督の
『Mommy/マミー』

やー、なんかすごく鮮烈だった
目に 胸に 響くことのぜんぶが

2014-08-06 20-00-00.jpg
ストーリーは
ADHD(注意欠如・多動性)の息子と母親のふたり
彼らの 自由と不自由の狭間に渦巻く愛
まさに愛と希望、どっちを捨てるか

グザヴィエ・ドランが用意した
みごとな感情の景色に 心がつかまれて
気がつけばそれを夢中で追いかけてる
そんな感覚

1903-12-31 19-00-00.jpg
母親のダイが
いつも何かしらピンク色を身につけてたり
ジャラジャラのキーホルダーがついたペンで書く
「D.I.E」にハートマークのサイン
いくつになってもティーンエイジャーの女の子みたい
ぜんぜん母親っぽくないのに母親しなくちゃ、
みたいな そんな強さがある

2014-09-02 10-53-58.jpg
お向かいに住むカイラ
心の傷からどもりできちんと喋れない
彼女がスティーヴとダイの生活に入り込むことで
生まれた不思議なリズム
感情の境界線って、
てことをすごくかんがえる

2015-05-09 00-01-31.jpg
で スティーヴ演じるこの人の演技力
アントワン=オリヴィエ・ピロン
この子がすごいんです

ときに無責任で暴力的なまでにストレートな感情
彼の「自由だ!」っていう叫びと
自分なりに母親を守ろうとする姿は誰よりもピュア
そのクレイジーな演技の合間の
ふとした瞬間にこぼれ落ちる 彼本来の持つかっこよさ
魅力あふれる人だ

2015-05-09 00-04-44.jpg
1:1 のアスペクト比(Instagramと同じ)で
鮮やかに切り取られた世界が
とっても新鮮で
それでいてすごくパーソナルな錯覚

それがぐわって広げられた瞬間たら、もう
これは観ないとわかんない!
から言わない!

2015-05-09 00-11-09.jpg
映像の切り取りかたはもちろんのこと
光の使いかたがとても美しかった
光、そしてスローモーションで魅せる
ここにしかないエモーショナルな瞬間

それはとても複雑な色をしているけど
ときに残酷だけど ときに温かくて
ときに身動きできないほど "すべて" であることを
わたしたちは知ってる
親と子のあいだに流れるもの

ぐっとくるところは2回、って聞いてたけど
4回きた

2015-05-09 00-12-36.jpg
一度では衝撃をぜんぶ受け止めきれなかった感
もう一回観たい・・・

いやもーほんとに
母親の愛って 泣ける
家族もののストーリーに弱いわたし
ズキュンというより ドシーンときた


すこし話は逸れますが
いまわたしの実家では
家族総出で「大断捨離大会」が行われているのだけど
押入れからでてくるでてくる、思い出の品

で、
多趣味な母が 編みものに凝っていた大昔の
"編みものデザインノート" なるものを発見

開いてみたらば、
『赤ちゃんのプルオーバー』とか
『ちえちゃんのニット』なんてタイトルとともに
手編みの細かいデザインと 網目の番号がびっしり・・・

何枚にもわたってページが埋め尽くされていて
いくつもいくつも 編んでくれていたのであった
「こんなに・・・!」とびっくりするとともに
じーんとしてしまって
お母さんありがとう、とか思いながら別の引き出しを開けると
その愛のこもった小さい手編みのセーターがでてくるもんだから
泣くよね


大人になった今だって
母はわたしのために
さりげなく無理したり さりげなく我慢したり
さりげなく何かをしてくれたりして
でも母はそれが自然、と思っているからだとおもうけど
すごく自然な調子すぎて
わたしはときどき気づかない
でも蓋をあけてみれば
こんなにも こんなにも と胸がいっぱいすぎるほど
それはありあまる無償の愛なのだった


それから
20年前のカセットテープを処分していて
『チエタンの声(1)』って書いてあるテープを発見
なんだこれ・・・チエタンて・・・、と思って
再生してみると
生まれて数ヶ月の頃から 8歳でピアノを弾くようになるまでの
わたしと弟の声を 父がときどき録音していたのだった

今じゃあんまりそういうの、しなさそうな父である
カセットテープの中ではデレッデレである
いとしい娘を愛するパパである
わー これも泣くよね


で、そのあと本を整理してて
チェ・ゲバラが子供たちに送った最後の手紙を読んで
泣いた
「この手紙を読まねばならないとき、
 お父さんはそばにいられないでしょう。(中略)
 子供たちよ、
 いつまでもお前たちに会いたいと思っている。」
お父さん! 泣いた

おいもうマミーちゃうやん、て話だけど
もうマミーでもダディーでもいいよ、
とにかく親の子への愛は、すごいよ深いんだよ
この世の奇跡だよ

そして子の親にたいする愛情も、なのだ
親子の愛って、守って、守られた日々があるからこそ
いつまでたっても強く結びついていられるのかも

んー世も更けてきて
だんだん何を書きたいんだかわかんなくなってきたな
長文ごめんなさいね

2015-06-09 23-30-13.jpg
で ドラン・ワールドに圧倒されて
続いておうちで『わたしはロランス』を観たら
これまたすごい映画だった
しかしもう書くパワーがないのでそっちはまた今度

カイラ役だったスザンヌ・クレマンと
アントワン君もちょろっとでてくる
やー やっぱかっこよさが漏れ出ちゃってる

2015-06-09 22-57-30.jpg
グザヴィエ・ドラン
26歳、あたらしい衝撃を世に放つ美しき天才
イケメンすぎる

役者として出演もしたりしてて
次回作は『エレファント・ソング』に出演!観る!
つぎも映画館で!

『Mommy/マミー』- 予告

あ、音楽もよかったよ

| cinema | 02:07 | - | - | - | - |