CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
RECOMMEND
バタをひとさじ、玉子を3コ
バタをひとさじ、玉子を3コ (JUGEMレビュー »)
石井 好子
食べることは生きるよろこび
目にもおいしい食エッセイ
RECOMMEND
Not in Fashion
Not in Fashion (JUGEMレビュー »)
Mark Borthwick,Aaron Rose
マーク・ボスウィックの写真集
すごく好きな本のひとつ

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS

c h i e a s o b i

c h i e a s o b i
c h i e a s o b i
B L O G
<< 噂の神サンド|レフェクトワール | main | 台湾の朝ごはん|WORLD BREAKFAST ALLDAY >>
ビューティー・インサイド
beauty inside - 5 / 13.jpg

最近 映画のことは
あんまり書いてなかったのだけど・・・

まったく観ていないわけでもなくて
おうちではちょこちょこ 鑑賞してたりします

このあいだはひさしぶりに映画館へいって
観てきたのは 韓国映画
ビューティー・インサイド


いわゆる「韓流なんちゃら」に
あんまり興味が湧かないわたし
ドラマはもちろん 韓国の映画もちっとも観ないし
韓国の俳優さんもぜんぜん知らない、わかんない
(みんなおんなじに見える・・・ごめんなさい)

これもまったくのノーチェックだったのを
友人が「すごくいいらしいよ!」と教えてくれたので
じゃあ観てみるか、くらいの軽い気持ちでいってきた

beauty inside - 13 / 13.jpg
眠りからさめると外見が変わってしまうという
一人の男の物語

ある時は男 ある時は女
またある時は子供 老人 外国人・・・
目がさめる度に違う外見になってしまう主人公・ウジンを
123人が演じているという
ちょっとおもしろい作品です

beauty inside - 8 / 13.jpg
これもウジンだし(NOTイケメン日)

beauty inside - 10 / 13.jpg
これもウジンだし(VERYイケメン日)

beauty inside - 7 / 13.jpg
これもウジンだし(オーマイゴッド!日)

beauty inside - 3 / 13.jpg
これだって、ウジンなのである

この、チョン・ウヒという女優さんの
演技がとてもよかった

beauty inside - 12 / 13.jpg
日本から上野樹里もウジン役で出演してる

ほうぼうで絶賛されてますが
彼女の演技、わたし的にはちょっと浮いてるように感じて
なんか落ちつかなかったわ・・・
(上野樹里ファンのひとごめんね)

beauty inside - 2 / 13.jpg
ウジンが恋をする女性、イス役は ハン・ヒョジュ
とてもきれいで魅力的な女優さん
(お寿司を食べるときの「いただきます」の言いかたがすこぶるかわゆい)

毎日知らない姿に変わってしまう人を
果たして愛することができるのか

外見をこえた内側にある「ほんとうの相手」を感じたり
こころを通わせること
その一方で 友達や家族にも紹介できないジレンマがあったり
周りからは「いつも違う男と一緒にいる」なんて言われてしまったり

beauty inside - 1 / 13.jpg
ウジンにも 唯一の友達がいるんですが(イ・ドンフィ)
この人もとてもいい味だしている

監督はCMディレクター出身のペク氏
映像の美しさや
ひとつひとつのシーンの見せ方
ユーモアの取り入れかたも絶妙で
雪の中で別れるときの音楽の使いかたやばい
(最後のシーンは泣きました)

はじまって15分くらいで
観にきてよかった、っておもった良作でした

beauty inside - 4 / 13.jpg
ストーリーは突っこみどころも満載なのですけど
(海外行くのにパスポート問題とか)
ファンタジーなのに地に足ついてる感じがするのは
テーマに強さがあるからだろうな、って
コンセプトがとてもよい

「その人 "そのもの" を、見る」

これって恋愛にかぎらず
現代のセクシュアル・マイノリティなんかにおいても言えることだな
なんてことを
観おわったあと、おもいました

外見や性別
もっといえば人種、年齢とか職業とかもそう、
なにかで判断する必要なんてなくて
もう その人の存在が、世界でただひとつ


とはいっても 人間の意識の中から
ステレオタイプなものの見方や
特定のステータスに対する固定されたイメージを
まったくゼロにするのって なかなかむずかしい

大切なのは
自分の中に存在するそういうものを
「越えて、見ようとする力」なのではないかしら
カーテンをそっと開けてみた先にある
"ただひとつ" と出会うたのしみ、おどろき、歓び

ふだんの自分の日常の
いたるところにそういう場面があって
人との関わりの数だけ そういう機会に恵まれているのだと
はっとしました

深いです、韓国映画のファンタジー
 
| cinema | 19:04 | - | - | - | - |